無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
そしてトロンハイム(フッティルーテン区間乗船4)

かなり放置しすぎてしまいましたが、フッティルーテンの旅続きです。


・・・とはいっても3日目の朝6時には私たちの目的地トロンハイムに到着です。

7:30(だったかな)には下船しなければいけないのですが、朝食込みのプランなので食べなければもったいない。


すぐにチェックアウトできるようすべて荷物をまとめてからオープンすぐにレストランへ駆け込みました。

名残惜しいですが船旅ともお別れです。

港に着くと南回りと思われる船も停泊していました。

早朝に港に着いたもののさて、どうしよう・・・


港周辺には何もないので、とりあえず近くにあるホテルに荷物を置かせてもらってから街ぶらするかと思いホテルに行ったところ、なんと部屋は空いているからもう使っていいわよ、なんなら別料金(いくらだったか失念)だけど朝食も食べていく? と聞かれる神対応!! 本当に助かりました。


船で食べていなければ朝食もお願いしたかったくらい美味しいこちらのホテルの朝食!

ノルウェー最高の朝食賞をなんと13回獲得しているのだとか。

種類豊富でコーヒーは地元のロースターPALAの豆を使って専任のバリスタさんが淹れてくれるし、私のお楽しみワッフルも三種類あって、きゃーっ!!!

もちろん全種類制覇しましたよ!

他にもいろいろあったけど全然食べきれなかったのでもう1泊くらいししたかった・・・残念。

ホテルの部屋で少し休んだ後、街歩き開始です。

到着直後は小雨交じりで時々強く降ったり・・・という生憎の天気でしたが川沿いに古い建物が残る旧市街の辺りをぶらぶら。

ベンチに可愛い編み物モチーフがあったり

小さなライブラリーがあったり



静かでいい雰囲気でした。

でも天気が回復したらライブラリーの辺りではフリマ?が開催されたり賑わいも。

カフェにも人があふれていました。

オールドタウンブリッジ(跳ね橋)は人気のフォトスポット。

天気が良いと映えますね。

川が街の真ん中を流れているので、海も含めて水のある風景が多く癒されます。

歩き疲れてカフェへ。

Jacobsen og Svartという地元のロースターカフェです。
私たちが席に着いてすぐに自転車に乗った団体さんが到着し、十数人が店になだれ込んできて店内大パニック!

ドイツ語のガイドさんがいたのでおそらくフッティルーテンのエクスカーション、自転車ツアーのご一行様のようだったのですが、店員さん2人で流れるように注文をさばききって最後はハイタッチ! お見事でした。

ガイドさんいわく「ここは街一番のカフェだよ」とのこと。

最近港の方にも新店舗を出したようなので、フッティルーテンで朝早く到着しても美味しいコーヒーが飲めるかな?


トロンハイムの名所と言えば、何と言っても歴史あるニーダロス大聖堂。

観光では外せないコースです。

内部は撮影できないですが、石造りの天井は高く重厚な彫刻や緻密な細工などを眺めてどういう人たちがどうやってこれを建てたのかと思いを馳せ、信仰というのは人に物凄い力を与えそして産み出させるものなのだなーと、考えさせられました。

基本的に無宗教なのでその強さが理解しがたいものであったりもしますが。

外から眺めているだけでも静かで心落ち着きます。

トロンハイムはNTNU(ノルウェー工科大学)などがある学生の町で、静かですが若い人も多いせいか、寂れた感じはないですし、最近はミシュラン北欧版に掲載されるレストランが現れるなどTrøndelag地方の食文化の先端を担う街でもあります。

日程に余裕があればもっとあちこち回りたかった…


少し長くなってしまったので、あまり期待する人はいないと思いますがサッカー観戦の話はこの後別エントリーに続きます。


すみません・・・

| ねんねん | ノルウェー | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: