無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
船旅はたのし(フッティルーテン区間乗船・2)

船旅2日目です。

 

船は途中何度か小さな港に寄港しながら北へ向かいます。

既に明るくなってきた朝4時過ぎ(明るくなると自然と目が覚めます)窓の外の隙間から覗くとどこかの港に停泊し、荷物の積み下ろしが行われていました。接岸の際の衝撃はほとんどないので覗かなければ気づかないくらいです。

 

あまり人のいない時間に船内を探索。

あちこちにアートギャラリーのように絵画などが飾られています。

船旅の様子が描かれていて可愛い。

MSフィンマルケンにはノルウェー沿岸を航行する船で唯一の屋外プールと、ジャグジーも設置されています。

流石にまだ寒いせいか泳いでいる人は見かけませんでしたが、水着を持って行ってジャグジーに入ればよかったかなと思いました。

これは午後の話ですが、デッキでラムレッグハムを試食するイベント(およびアルコールの販売)なども行われていました。

少し頂きましたがお酒のアテなのでしょっぱかったです。

船内にはカフェもあり食事プランを予約していなくても軽食がとれます。

カフェメニューにはワッフルがあったためワッフルマニアとしてしっかりいただきました。

ベルゲンのフィヨルドクルーズ船では設備的にいって冷凍でしたが、ここのは船内で焼いたようです。

トッピングは定番のイチゴジャムとロンメ。

夕食の指定時間が遅いため小腹がすくだろうとスタッフに見透かされていた気がします。

2日目から夕食はテーブルと開始時間が指定になり、私たちは一番遅いグループの20:30〜

普段はそんな時間に夕食をとることはあまりないのですが、この時期20:30でも外は明るいので時間感覚がおかしくなります。

コースは地元の食材を使った前菜、メイン、デザートの3品なので遅い時間でも重いほどの量ではなくて良かったです。

 

1ドリンクオーダーとのことで、私はノルウェーのMackビールが出しているMac Ciderを注文。

ジュースの様な飲み口ですが一応アルコール4.5%なのでぐいぐいいくとほろ酔いになります。

他にもMack社の製品を中心にワインなども多数ありましたが、周囲を見回すと意外にみんな頼んでいるのはミネラルウォーターなどでした。

意外とみんな節約旅行・・・?

iPhoneImage.png

この日のメインはガイランゲルフィヨルドの町Hellesylt産ラム肉のローストでした。

羊肉好きだし柔らかく調理されていて、美味しく頂きました。

前菜の白身魚のカルパッチョはイマイチ口に合わなかったものの、デザートのアイスクリームはキャラメライズされたリンゴ入りで美味しかったです。

フィヨルドの景色を眺めながらの夕食は、いつも日本で時間に追われていることを考えるとゆったりしていて本当に贅沢気分でした。

 

この日も小雨はぱらついたものの比較的天気は良く、窓からは海に沈む夕日が見られました。

iPhoneImage.png

海に照り映える光の帯を見ているとムンクの絵を思い出しますね。

あれは朝日らしいんですけど・・・

 

2日目の寄港地については次回に続きます。

| ねんねん | ノルウェー | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: