無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
初めての共同作業(みんなでクランセカーケを作る会)

ノルウェーでお祝い事の時に食べるお菓子、クランセカーケをご存知でしょうか?
材料がアーモンドと砂糖というマジパンのような生地をリング状に焼き、アイシングをしながら積み上げてゆくというものですが、味は素朴ながら見た目の存在感から、クリスマス、結婚式、憲法記念日などに欠かせないお菓子としてノルウェーで愛されています。

以前、17.Maiの時期にノルウェーを旅行した際、市販されている小さいサイズのものを購入したことがありました。

でもお祝いのお菓子なので普段はあまり見かけることが無くフルサイズのものは実際にも見たことも食べたこともありません。

しばらく前にクランセカーケの型を入手したので一度作ってみたいと思ったものの一人で作るには大きいしとても食べきれない。

誰か一緒に作ってくれないかと思い切って北欧関係の知り合いの方々に声をおかけしたところ、参加してくださるという寛大なお返事を頂けたので、”みんなでクランセカーケを作る会”開催の運びとなりました。

 

会場はミュージックギャラリーアリエッタさんのキッチン・ダイニングスペースをお借りいたしました。

参加者は到着順に日本グリーグ協会理事、アロマ教室の先生、北欧料理・菓子研究家、北欧ヴィンテージショップ店主、ノルウェー語講師という錚々たる面々で、企画した私が一番あんた誰? 状態でした・・・

 

早速ノルウェーのレシピを参考に生地を捏ねていきます。

その道のエキスパートの方の手際の良さに思わず見とれてしまいました(スローTVでずっと流してほしい!)

捏ねた生地を細長く伸ばして、型に入れていきます。

1リングずつの型もあるようですが、私の持っているものは3リングで1枚の型のものが6枚あるので合計18リング出来る計算です。

 

生地が焼き上がり、冷めたら型から外し、アイシング作業です。

直径の大きなものからアイシングをしてどんどん重ねていきます。

ケーキ用の回転台などは用意していなかったので、人力でお皿を回し波型がリズミカルに描かれていきます。

初めての共同作業だったはずですが、いい感じで息が合っていました。

どんどん積み上がり・・・

遂に18段のタワーが完成!!

ノルウェー国旗とエディブルフラワーで華やかにデコレーションしました。

(美大卒のセンスが鏤められました)

美しい!! やればできた!!(私はアイシングを練っていただけ)



クランセカーケの作業の合間に直火のワッフルアイロンでノルウェー風ワッフルも焼いていました。

 

クランセカーケ、ワッフルの他に参加者のみなさま持ち寄りのサーモン料理、ビーツのマリネなども加わり、華やかな食卓に!

(画像中央左のサーモンと魚卵のムースはこちらからレシピをDL購入できます)

ノルウェー名物ブラウンチーズも2種食べ比べです。

珈琲もノルウェーのロースターLangøraのコロンビアをご用意。

酸味や苦みが強すぎないので食事やスイーツにも合います。

美味しい食べ物をお供に色々話も弾み、予定時間をすっかりオーバーしてしまいました。

 

シーフード以外影が薄いノルウェーの食文化をみんなで味わうことが出来て楽しかったです。

いままで食べたクランセカーケより美味しいという言葉もいただきました。

そしてみんなで作るのはやっぱり楽しい!!!

これまでちゃんと作ったことが無く恐る恐るの挑戦でしたが皆様のおかげで見事にSNS映えするものが出来上がりました。

 

また何かの機会にみんなで何かを作る会を開催出来たらなと思っています。

| ねんねん | ノルウェー | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: