無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ねぎといも(全国ねぎサミット2018 in にいがた)

9回目の全国ねぎサミットの会場は新潟市。
酒田や能代と同じく日本海側ですが、政令指定都市ということで駅前もかなり賑わっています。

そんな新潟市の繁華街万代シティで行われた今年の全国ねぎサミット。

ご当地アイドルのNegiccoが応援大使を務めて盛り上げてくれました。

元々地元やわ肌ねぎのPRをするために結成されたユニットということですが、15年も続いているのは本当にすごい!!

ファンの方も多く駆けつけていましたね。

いつものように朝イチで徳田ねぎのブースへ。

今年もねぎっちょ不参加は悲しすぎた・・・

深谷と越谷の埼玉県勢。

他にも埼玉からは毎回ブースがちょっと独特な吉川ねぎ(吉川市)も参加していましたね。

浜松市からは珍しい芽ねぎ系の姫ねぎが初参加。

まだシーズン前で朝来市の岩津ねぎが買えなかったのが悲しかった・・・

 

さて、ねぎサミットの楽しみのひとつがねぎグルメ。

毎年ねぎサミットに参加していると大体その味も分かってくるもの。

 

山形県新庄市のいも煮、秋田県能代市のきりたんぽ鍋、埼玉県深谷市の煮ぼうとう・・・どれも美味しいのはこれまでに実証済み。

でもボリュームがあるからひとつしか無理だなーと思い、悩んだ末に選んだのがきりたんぽ鍋。

去年のねぎサミットの後、大舘のきりたんぽまつりに行ったのに結局きりたんぽ食べなかったリベンジですー!!

(秋田犬もふもふして満足してた・・・)

きりたんぽとだまこと両方入っていてボリュームがありました。地元ならではのせりの根っこも美味しく頂きました。

 

新潟らしい焼油揚げのねぎのせも外せない一品。

揚げもねぎも大好きだから焼きたてをいただきましたー!!

 

他のブースでも各種試食させていただきましたが、時期が早いのかねぎの甘みがまだ少ないように感じました。

今年は猛暑でなかなか寒くならず、その辺の異常気象の影響があるのかもしれません。

本格的なシーズンはこれから! ですね。

 

そしてねぎサミットのもうひとつのお楽しみ、ご当地キャラ大集合

お馴染みのふっかちゃんやねぎ坊やねぎ爺といったねぎキャラ(ねぎっちょ・・・涙)の他に笹だるまやあののん、家康君、万代シティのばんにゃいも駆け付けてくれました!(笹だるまがいい味出してた!)

ミルク082氏もお疲れさまでした。

 

今回のねぎサミットの会場が万代バスターミナルの前ということで、忘れちゃいけないのが「バスターミナルのカレー」ですよ。

その人気からレトルトも出ているほどで(売り切れていて残念)昼前に行ったのですが凄い列でした!

食券を買って列に並ぶこと十数分、立ち食いですので回転が良く思ったより早く食べることが出来ました。

これはミニサイズ。普通でも量が多かったし大盛りは問題外だと思うのでミニでちょうど良かったな。

昔懐かしいいわゆる黄色いカレー。甘みとかコクより辛さが来る、独特の味。コクは無いけど薄いわけでもない。

何度か食べるとその裏側の良さが分かってハマるかも?

 

今回入手したものたちです。

毎回地元の農産物を買うのですが、何故かねぎは少な目で何故か新潟のブランドサツマイモ、しるきーもといもジェンヌの2種を買いました。

しるきーもがシルクスイート系、いもジェンヌが紅はるか系とのことで食べ比べるのが楽しみです。

きのこも見かけると買ってしまう外せないアイテムかも?

都会の新潟市はローカル色が薄く、ちょっと農産物の種類も少な目だったような。

たくさん買っても持って帰るのが大変なんだけど・・・

 

日帰り弾丸新潟旅でしたが、短いなりに満喫しました。

2日間とも寒すぎずよいお天気で終了したようです。

 

 

さて、記念すべきねぎサミット10回目の開催地は千葉県の松戸市とのことです。(なんかそんな気がしてた)

詳細はまだですが、色々事前の心配事が少ないのは有り難い。
松戸市らしいカラーを出してくれることを期待して楽しみに待ちたいと思います!!

| ねんねん | おいしいモノ | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: