無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
変わらぬ風景

横浜にある原鉄道模型博物館へ行ってきました。

原信太郎氏の愛と情熱と執念の詰まった鉄道模型やコレクションの所蔵された博物館、色々話には聞いていて「半端ないなー」と興味を持っていたのですが横浜はなかなか足が向かないところなので、行けずにおりました。

が、しかし・・・

今回「ノルウェーの鉄道映像展」という企画が開催中ということで、

これは行かねば!! と重い腰を上げることにしました。

 

原氏は1963年から1991年まで4度ノルウェーを訪問し、その際に映像や写真を撮影。

貴重な資料と1971年訪問時に撮影された本人の解説入り映像を見ることが出来ます。

約30分ほどの映像ですが、当時どうやって撮影したのか・・・

色々想像しながら見るのも面白いです。

ご本人による解説や即興の音楽(本人演奏)も味わい深くて、特にベルゲン線に乗車し、ベルゲンはいい街と言いながら列車がベルゲンに着いたら宿泊はせずその日のうちに飛行機で移動してしまうというあたりも流石です!!

(私たちも最初はその日のうちにオスロに帰ったけど・・・)

 

40年以上前の映像ですが車窓の風景はあまり変わらず、そもそもベルゲン線の途中は民家などは少ないというのはありますが、街中でも古い建物が残っているので「あーあの辺りね」と分かりニヤニヤしてしまいます。

マヨールストゥーエン駅とか基本そのまんまだし。

 

古い列車も味があって素敵でした。

2年前にSporveismuseetで見たような列車が実際に動いている映像は貴重です。

(Sporveismuseetを訪問した時の記事はこちら

 

ちょうど先月ノルウェーに行ったばかりで、しかもベルゲン線に乗ったばかりだったので2倍楽しめました・・・!?

 

もちろん原鉄道模型博物館は通常の展示も素晴らしく、中でもやはり目を奪われるのはこの細部まで作りこんだジオラマ!!

車両はもちろん風景や人物も細かく設定があり、いつまでも見ていられそう。

朝、昼、夜・・・と照明が変化し、雰囲気も変わります。

音まで実際の鉄道を意識して作成されているので模型を越えた模型になっています。

 

また本物の運転台を使用してジオラマ模型の運転体験ができるコーナーもあり、ちょっとドキドキの運転士経験が出来ました。(先着定員制)

停止線できっちり停めるのはやっぱり難しいわ・・・

横浜駅から徒歩約5分とアクセスも良いですので、興味を持たれた方は是非行ってみてください。

ただし「ノルウェーの鉄道映像展」は7/9までなので急いで!!!

| ねんねん | ノルウェー | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: