無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ワッフル愛が止まらない

Fuluyaさんでのワッフルカフェを開催する前に北欧のワッフル事情について調べていますと”ノルウェー人はワッフルが好きすぎる!”と思うグッズを発見しました。

今回の旅でそのワッフル大好きグッズを見つけるのも目的のひとつとして色々探してきましたよ。

 

で、今回ゲットしたワッフルグッズたちです〜!

iPhoneImage.png

 

一番気になっていたのがKvist & kvaeというブランドのvaflerシリーズのアクセサリー。

サイトで取り扱いのある店舗を検索して購入しました。

ハートのワッフルとワッフルプレートのネックレスです。

iPhoneImage.png

結局オスロとベルゲンで1個ずつ買ったたのですが全種類置かれているわけではないので、現物は無かった指輪が欲しかったな〜。 ワッフル好きはワクワクする可愛さです。北欧のワッフルを知らない方にはただのハートにしか見えないかも…

(興味のある方は こちらのサイトをどうぞ)

 

こちらは歯ブラシ等で有名な会社Jordan社のスポンジワイプです。

ネットで発見したのはワッフル柄のマイクロファイバーふきんだったのですがそれは売られておらず、同柄のスポンジワイプを見つけました。

滞在中ホテルの床に飲物をこぼすという粗相をしてしまったのですが、絨毯ではなくビニールっぽい床材だったので早速これが活躍してくれたのです。

さすが抜群の吸収力、買ってて良かった!!

 

そしてStine Åsland著の”Jeg elsker Vaffel”というワッフル本。

まだざっくりしか見ていないのですが、著者のスティーネさんは若くしてワッフル関係の会社を興した企業家。

もちろんレシピも載っていますが、レシピ本というより、ワッフルの歴史やノルウェーのワッフルについての記事、写真が多いのでワッフルビジュアルブックという感じです。

レシピは定番のものから少し冒険したものまであり、これから読み込んでレシピも色々試してみたいです。

 

 

グッズ探しも楽しかったのですが、食べる方ももちろん楽しみました。

 

オスロのホテルの朝食に以前はワッフルが出ていたのですが最近は無くなってしまって残念に思っていたところ、ベルゲンのホテルで発見。

テンション上がるっ!!

ノルウェーのサワークリームRømmeとベリーのジャムを添えていただきました。

Rømmeが美味しくて、酸味はそれほど無く濃厚です。

日本にはないのが本当に残念。


iPhoneImage.png

翌日はホールで置かれていたのでもちろんホールで。

定番のブラウンチーズも一緒です。

iPhoneImage.png

チーズもブルンオストとヤイトオストの2種類ありました!(ここのホテルの朝食の品数が凄かった)

iPhoneImage.png

隅の方に置いてあった電気のワッフルマシーン。

ノルウェーでは大量に焼くためか2枚焼きが定番です。

 

 

ワッフルの専門店も見かけたのですが、通りがかった時に全然お腹が空いていなかった(朝食の食べ過ぎ?)のと専門店より素朴な感じが好きなので結局スルー。

iPhoneImage.png

 

そして食べたのがコレ。

iPhoneImage.png

ベルゲンからのフィヨルドクルーズ船の売店で売られていたワッフルです。

注文するとおじさんが冷凍のワッフルをチンしてパックのジャムを添えて出してくれます。

焼きたてのワッフルとは比べようもないですが結構イケる!!

そもそも熱々の食べ物とか焼きたてのものって北欧で出会えることはほとんどないですし。

日常の素朴なおやつ感満載でした。

 

 

前述の本の著者スティーネさんによるとワッフルに必要なのは”いいバターと愛情”。

3月のワッフルカフェでも少しいいバターを使ったら格段に美味しくなったので、すごく納得。

シンプルな材料なので”いいバターと愛情”で味に違いが出るんですね。

 

また作る際には、いいバターとたっぷりの愛情を込めたいと思います。

 

ノルウェー人のワッフル愛を改めて痛感した旅でした。

 

 

| ねんねん | ノルウェー | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: