無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
キャッシュレスでカードレス(初めてのストックホルム)

"キャッシュレス王国”スウェーデン。

 

旅行前に色々な方からこの話を聞きました。

現金の流通量が極めて少なく、普段の買い物もクレジットカードやネット上での決済などでされるとのこと。

過去に2度日帰りでマルメに行ったことがありますが、そういえばその時もクレカのみでスウェーデンクローナの現金は使用しなかったので持っていません。

それならばキャッシュレス王国に現金を持たずに乗り込もう! 勝手にそう決心しました。

 

ただ、出発前にミュージアムや列車をネット予約してカード決済をしようとすると何度か受け付けられないという事態が発生。

カードを変更したり、本人認証の手続きをする(Lilla Kattenさんのブログで教えていただきました)などで解消されたのですが、不安なのでクレジットカードは多めに用意。

 

早速、空港からアーランダエクスプレスの切符を自動販売機で購入しようとすると、4枚連続カードがはねられるという事態に陥りました(のちに1枚はPINコード誤りだったと判明)何度かやり直してようやく買えましたが、その間に1本列車を乗り逃してしまいましたね。

 

でも結論から言いますと・・・

現金なしでも特に問題はありませんでした。

屋台のアイスを食べたいな〜と思った時に現金しか使えなさそう(未確認)だったのと、実際にお世話になることはなかったですが有料の公衆トイレがコインしか受け付けなさそうだったということくらいでしょうか。

有人のレジだとチップのあるカードでPINコードが正しければ(!)問題なく支払いできました。

 

だがしかし

 

スウェーデンの洗礼は違うところにありました。

 

・・・夫が財布を擦られ、カードレスになってしまったのです。

ビールを飲んだ後、ボーっとした状態でガムラスタンをふらふらしているうちに財布が無くなっていました。

他の人の話では時々聞くけれどまさか身内で起こるとは・・・!

誰かが故意にぶつかってきたとか、囲まれて脅されたとかではなかったので自己責任です。

今まで海外で特に問題なく旅行できていたので、基本的な防犯意識が薄かった(バッグは目に届く位置に置き、人が多いところでは抱えるなどの対策なし)ので絶好のカモだったのでしょう。

 

ストックホルムの警察署に被害届を出しに行くという貴重な経験をさせていただきました。

 

もちろんスウェーデンクローネは持っていないので日本円の現金が1万円少しとクレジットカード2枚、運転免許証が主な被害でした。

パスポートは盗まれなかったので良かったです。

 

私が多めにクレジットカードを用意していたので限度額にハラハラしながらもその後の旅を何とか乗り切れました。


事件のあった翌日、ABBAミュージアムで5人目のメンバーとして熱唱して憂さを晴らす夫の姿がありました。

 


スカンセンでリスに癒されたり・・・

 

事件があると当然ですが気持ちが沈んでしまい、その後の旅のモチベーションを保つのが結構大変です。

SNSなどで励ましてくださった方々ありがとうございました。

 

 

初めて赴いたストックホルムは大都会でした。
(オスロに慣れすぎでした)

 

みなさまもご旅行に行かれる際は基本的な防犯対策は怠らずに楽しい旅にしてくださいね。

| ねんねん | 旅の思い出 | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: