無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
はじめての(2017スウェーデンリーグ観戦記)

ブログ更新を長期おサボりしている間にストックホルムとオスロへちょこっと旅してきました。

 

オスロはまあともかくストックホルムに上陸するのは初です!(オスロに行く途中飛行機が降りたことはあります)

ちょうど私たちが到着する前日にヨーロッパリーグの決勝がストックホルムのフレンズアレーナで開催。

日程的に観戦が無理だったのは残念ですが、とりあえずリーグ戦(Allsvenskan)は見られそう・・・ということで、ストックホルムを本拠とするチームDjurgårdenの試合を見に行くことにしました。

スウェーデンリーグの観戦は初でドキドキ。

 

会場のTELE2アレーナは2013年に完成したコンサート等のイベントにも使われる多目的スタジアム。

ストックホルム中心部からは地下鉄でGullmarsplan駅へ。本数は少なくなりますがGloben駅も使えます。

スタジアム周辺は再開発された地区のようで大きなショッピングセンターなどもありました。時間があればゆっくり覗いてみたかった・・・。

遠くからでも存在感のある近代的なデザインのスタジアムです。

キャパは30000人とのこと。

天気がいいとちょっと眩しい・・・

チケットを買う時に立ち席と椅子席のどちらがいい? と聞かれましたが、新しいスタジアムなのに立ち見席があるところがヨーロッパらしい・・・。

立ち見席は基本的にラ族(熱狂的サポーターの俗称)がいるところ。
Djurgårdenのサポは結構武闘派らしいので遠慮してスタンド上部の座席にしました。

かなりの角度が付いているのにそそり立つような怖さもなく、とても見やすいスタジアムでした。
コンサートでもいい感じに盛り上がれるだろうなーと思うコンパクトさ。

スタジアム内の通路には以前ここでコンサートを行ったことのあるアーティストたちのイラストが飾られていました。

上位を狙うDjurgrådenと最下位ぶっちぎりのAFC Eskilstunaの試合は最初からグダグダ。

ごつい兄さんたちがぶつかり合う馬跳びが何度も見られましたわ・・・。

 

驚いたのはアウェーのエシルストゥーナのサポーターの数が異常に少ないこと。

アウェーゴール裏には警備員が立っていたけど下手すれば警備員の方が多いくらい、私が目視出来たところでは10人前後だったかな。

ノルウェーリーグでもアウェーサポーターは結構来ているのでちょっと衝撃的な光景でした。

 

全然スウェーデンリーグに詳しくないので少し調べてみたところ、エシルストゥーナは今のクラブの形になったのが2007年で今年2部から上がってきたばかりのチーム。街自体も大きくないしそもそもホームでの動員も少ないみたいなので、こんなものなのかな。

北欧リーグのなかなか厳しい現実です。

スウェーデンリーグ初観戦の記念に何か買ってみようと、スタジアムの外の売店で購入したのがコレ。

何かわからず買ったのですがよく見ると側面に「SALT LAKRITS」の文字。

自ら罰ゲームに首を突っ込んでしまっていました。

いやいやどうしましょうねぇ・・・。

 

 

どうでもいい情報として、

スタジアム内トイレのハンドドライヤーの風圧がやたらと強かったです。

| ねんねん | fotball | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: