無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
オスロカフェ巡り2016(その1)
ここのところすっかりノルウェーに行く目的のひとつがカフェ巡りになっています。
夫にとっては主目的かも。

そんなわけで早速宿泊していたホテルからも近いFuglenへ。

金曜の午後ですがかなり混みあっていました。

続いて翌日からサクサク行きますよ。

まずはグルーネルロッカのSupreme Rostworks。
女性のバリスタさんがフレンドリーでした。

フラスコのような容器にカップで蓋をしているのが機能的?
ノルウェーではラテを頼むとかなりたっぷり出てくることが多いのでお腹がタプタプになります。

そしてノルウェーのカフェではお菓子よりパンが置いてあることが多いのですが、どれも購入をためらってしまう手のひらサイズ。
お腹タプタプのうえパンパンは必至です。

やはりひっきりなしに人の出入りがあるのですが混みすぎていないのが良いところ。

そしてオスロと言えばやっぱり外せないTim Wendelboe。
ノルウェーコーヒーといえば私はティムの味をイメージします。

シンプルだけど存在感のあるオリジナルのカップで提供されます。
さすがに香りからして違いました。

アーケル川を渡って、マートハーレンの中にあるSolberg&Hansenに。

スタイリッシュな店内です。

ノルウェーは女性のバリスタさんが多い印象です。
今回淹れてもらったのはほとんど女性でしたね。

翌日はJAVAへ。

今のところオスロで一番お気に入りの居心地がいいカフェがJAVAです。
大きく取られた窓、ロケーション、ほどよい混雑ぶり・・・でとっても落ち着きます。

そしてここに来ると外せないのが山羊チーズののったオープンサンドです。

キャラメル風味と言われるノルウェーチーズGjetostですが、ここのものは一層濃厚で雑穀パンとも相性抜群です。
ハマります。

窓の外に見える緑のあたりがSt.Hanshagenという公園です。
景色を見ながらまったり・・・
日本での日々の喧騒を忘れる贅沢な時間でした。


〜オスロカフェ巡り(その2)へ続きます〜
| ねんねん | ノルウェー | comments(2) | - | pookmark |
Comment
2016/06/06 10:24 PM posted by: みき
ねんねんさん、緑のカフェのテーブルは、お客さんの落書きでこんなにお洒落になったんでしょうか?それともそういうデザインなんでしょうか?!
2016/06/07 7:26 PM posted by: nennen
そういうデザインなのかな〜
name:
email:
url:
comments: