無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ノルウェー愛!?(北欧ぷちとりっぷvol.6)
森百合子さんの著書『3日でまわる北欧 in オスロ』発売記念
北欧ぷちとりっぷ vol.6 〜ノルウェーってこんなに可愛いかったんだ!の巻がお台場の東京カルチャーカルチャーで開催されました。
北欧好きたちのための北欧の達人たちによる面白くってためになるイベント、通称ぷちとりも今回でなんと6回目。

ついにノルウェーにスポットライトが当たる日がやってきました。

森さんの3日でまわる北欧シリーズもコペンハーゲン、ヘルシンキが好調で満を持してオスロが登場とのこと。
普段はガイドブック等でもさらっと触れられるだけのノルウェー、しかもオスロだけとは贅沢至極です。
そんな本の出版を記念して今回はノルウェーメインのぷちとりとなっていました。

普段はひっそりと飾られているノルウェーのヴィンテージも今日は堂々の主役です。
素朴で可愛いものが多いですよ。

プレゼンはまずノルウェー夢ネットの青木さんからで、ノルウェー語とノルウェー人についての軽妙なトークで会場の雰囲気を温めます。
必ずパンツが出てくるのはもはや持ちネタですね?

次はヴィンテージ番長Fukuyaの三田さん。
ノルウェーのデザイナー、トゥーリ・グラムスタッド・オリヴェールにを中心にノルウェーの陶器デザインやそれを取り巻く世界情勢について熱く語ってくれました。
情報量が多いので、いつもメモを取るのが大変ですが勉強になります。

最後に「3日でまわるオスロ」の著者森さん。

本でも紹介されている写真とともに、ノルウェーのおすすめを語ってくれました。
オスロにも素敵なお店がたくさんあるんです。
ちょっと隠れがちなだけで・・・。
ノルウェー人「いい人」伝説は私も数々体験しているので、やはりそれがまたノルウェーに行きたくなる要因なんだなあと思いました。

諸事情により北欧男子コーナーが後にずれたので、先に恒例の「北欧検定」という名のクイズ大会です。
超豪華だった前回に比べると賞品が若干アレなのは・・・やはりノルウェーに商売っ気がないからでしょうか?
限定メニューもサーモンマリネしかなかったので、この辺もある意味ノルウェーらしいと思いました。(すみません・・・)

そして大人げなくクイズで一抜けしてしまい、素敵な絵本をいただきました。これもすみません・・・。

ノルウェー語かと思っていたらスウェーデンの絵本でした。
何となくなら分かるのと、絵だけでもユーモラスで楽しめます。

そして、最後にお待ちかねの北欧男子コーナーです。
遅刻、病欠などがありちょっとバタバタしていたようですが、欠席のノルウェー人男子ジャックさんに代わり、素敵なノルウェー女子が登壇してくれて、夢の北欧5か国勢ぞろいです。

北欧人は裸に抵抗がない(知らない人だと見られてもOK)とか、アイスランドではシャイと裸を見られるのが恥ずかしいは別の言葉があるとか、日本人の感覚とは違っていて驚きの連続でした。
あと人口が33万人しかいないのに色々強いアイスランドはやっぱり最強!?
そして冬は雪ばっかりで飽き飽きするのかと思いきや、雪が大好きで外に出て遊ぶという人が多いのにもびっくり!
屋根から飛び降りるのはお約束なんですね・・・。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、閉会の時刻が来てしまいました。

毎回色々な物販があるのもぷちとりの楽しみの一つですが、私は今回Koruja Matkaさんでサバ2匹をゲットしました!(ボウルはStickaさんです)
イヤリングにしたいなーと思ったりしているのですが、果たしてどういう場所につけていけばいいのか? さっぱり分かりませんけどねぇ・・・。
| ねんねん | ノルウェー | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: