無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
日常と非日常の絶妙なバランス(ご当地キャラ博in彦根2015・その1)
はい。今年も開幕です。
10月とは思えないほどの日差し。夕方には雨かもという天気予報はどこ吹く風の快晴!


眩しい・・・

ラムネく〜ださいDocomo80
合計3本飲みました。(一番飲んでる人かも?と言われました)



メルギューくん、メルモモちゃんにしまねっこ、いーにゃん。
メルメルダンスで踊りそうになってしまいました♪


グリオのアップ。
人が多いので近すぎてしまい時々誰か分からないもふもふの毛皮だけ・・・の写真などが撮れていたりします。


とっくりんに運搬されるねばーるくん。台車移動の子結構多かったです。

関係性がよく分からない・・・(笑)

彦根の凄いところはキャラクターのいる空間と普通の生活の距離が非常に近いこと。

羽生などは広い公園で会場も広く使えてますが、駅から遠く周りに特にこれと言って何もないので日常とは隔離された空間。
それはそれで夢とご当地キャラの王国のような雰囲気でいいのですが、私は彦根の日常と非日常が絶妙なバランスで成り立っている彦根が好きです。ご当地キャラの聖地とも言われていますね。

キャッスルロードの角を曲がれば、いつものように家の玄関先を掃除する人がいたり、会場から少し離れた昔ながらの喫茶店に入ると喧騒が嘘のような静かな時間が流れていたり・・・。

城下町の街並みや地元の美味しいお店が並んでいるのも楽しい。

日常と近いだけに色々と大変なことも多いと思いますが、出来るだけこの素敵な時間と空間がこの先も続いていくようにと願っています。(自分の行動にも気をつけねば)

そして、毎年通っている昭和の香り漂う某喫茶店のマスターにも頑張っていただきたいです。(カレーを食べるのが彦根の楽しみのひとつですランチ


堀(水路?)にも魚が・・・。
なんだか優雅ですね。

でもこの子達ではないと思う・・・。
| ねんねん | ゆるキャラ | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: