無料ブログ作成サービス JUGEM
埼玉のノルウェーと埼玉のスウェーデン

飯能市にメッツァが出来て、間もなくムーミンバレーパークも開園。

今、埼玉県の北欧熱が沸騰中?!

 

そんな中川越にノルウェー人が店主のカフェが出来たという話を聞いて早速向かいました。

小江戸川越として有名な観光地でありますが、降りるのは初めて。

右も左も分からないまま駅からクレアモールという商店街を歩くこと数分。

ノルウェー国旗モチーフの看板目に飛び込んできて一安心。

Lille Norge(小さなノルウェー)という名前のカフェ&ダイニングバーです。

店主は若いノルウェーの方です。

出身を聞いたのですが、オシュロかバルゲンの近く・・・ということでよく分かりませんでした。

(私のリスニング能力の無さです。日本語ですが)

川越にはあまり北欧風に詳しい職人さんがいなかったので内装の多くは自ら手掛けたとのこと。

手作りで、良い意味でゆるい感じに仕上がっているところがノルウェーっぽいと思いました。

メニューはそれほど多くないですが、ノルウェジアンワッフルをはじめノルウェー風のお料理もあります。

夜はバーにもなります。

”隠れた農村の娘”という名前のデザートが気になったのでどんなものか聞いたところ「アーモンドクッキーの上に煮たリンゴとソース、アイスクリームを乗せたもの」らしいです。

後で由来を教えてくれて、昔話で農村にべっぴんの娘がいて多くの求婚者が押し寄せたから娘を隠した・・・というような話があるらしく、リンゴが隠されているからそういう名前になったとか?

話があいまいなのと日本語のコミュニケーションが完ぺきではないのでそんな感じ・・・てことで理解しました。

メインは迷った末、ショットブラール(ミートボール)に。

ディルとリンゴンベリージャムと大量の芋(マッシュポテト)に北欧らしさを感じます。

ソースと合わせてもしつこくなく優しい味でした。


デザートはやはりワッフルです。

ワッフル型がちょっと珍しくて小さくて厚めの形でしたが、味はノルウェー風の味でした。

トッピングをブラウンチーズにしたら、ホイップクリームとチョコソースもついていたのでちょっとしつこくなってしまいました。

Rømmeが欲しい・・・(無理)

でも知らない人が食べたら何コレ? ってなっちゃうのでこれはこれで仕方ないのかなって思います。

珈琲もFuglenCoffeeRoastersから取り寄せているとのことで、これもノルウェー風が味わえますよ。

ちゃんとマンゴーとチョコレート(だったかな?)の風味ですと説明もしてもらえました。

 

今年に入ってオープンしたばかりで、まだ少しこなれていない感じはありましたが、席の配置も余裕があって広々なのでパーティーとかするには向いているかも?(30人くらいは入れるそうです)

せっかく希少なノルウェー関係のお店なので、なるべく長く愛されるお店になるようみんなで通って育てていきたいです(母心?)

 

さて、

《埼玉の北欧》もう1件ですが、

越谷市にあるスウェーデン居酒屋(正式にはSwedishCafeBar)FI-KAさんです。

(FIとKAの間にハイフンあるとタグ認識されないので困る・・・)

”スウェーデン人スタッフが提供する本場のスウェーデン料理と専属パティシエがつくるオリジナルスイーツのお店です”と紹介されています。

水・木曜以外は14:00〜カフェタイムとなっているので、それなら1人で、しかもお酒飲まない私でも行けるのではないかと思い、川越から移動しました。

 

川越から越谷は同じ埼玉県内とはいえ、東西の交通インフラが良くない!

結局2回乗り換えて辿り着きました。

さすがスウェーデン、外装がスタイリッシュ!!

店前に着いたらちょうどスウェーデンスタッフさんが外にいらしたので、「入っていいですか?」と確認して入店。

こじんまりとしたバーという感じで15人ほど入ればいっぱいになります。

内装はシンプル。

お勧めは1個100グラムくらいあるミートボールと言われましたが、先ほど食べたばかりなのでスィーツにしました。

セーデルブレンドの紅茶とシナモンロールです。

他にもそのセーデルブレンドの茶葉を入れたシフォンケーキとベリーの乗ったケーキがあるようでした。

粉砂糖たっぷりで出てきたのであれ・・・?と思いましたが、パールシュガーが入手困難なせいもあるのかな。

フィリングたっぷりで美味しかったです。

 

メインは夜の営業で、スモーガストルタとかヤンソンの誘惑などスウェーデン料理を中心にした飲み放題付きのコースもあるようなので、夜来てみたいなー。

帰りの心配がなければねぇ・・・

 

 

メッツァも(たぶん)良いですが、埼玉県で味わえる貴重な北欧の味、是非訪ねてみてください。

ただパスポートは要りませんが、埼玉なので通行手形は必要かもしれない・・・

 

| ねんねん | おいしいモノ | comments(0) | - | pookmark |
初めての共同作業(みんなでクランセカーケを作る会)

ノルウェーでお祝い事の時に食べるお菓子、クランセカーケをご存知でしょうか?
材料がアーモンドと砂糖というマジパンのような生地をリング状に焼き、アイシングをしながら積み上げてゆくというものですが、味は素朴ながら見た目の存在感から、クリスマス、結婚式、憲法記念日などに欠かせないお菓子としてノルウェーで愛されています。

以前、17.Maiの時期にノルウェーを旅行した際、市販されている小さいサイズのものを購入したことがありました。

でもお祝いのお菓子なので普段はあまり見かけることが無くフルサイズのものは実際にも見たことも食べたこともありません。

しばらく前にクランセカーケの型を入手したので一度作ってみたいと思ったものの一人で作るには大きいしとても食べきれない。

誰か一緒に作ってくれないかと思い切って北欧関係の知り合いの方々に声をおかけしたところ、参加してくださるという寛大なお返事を頂けたので、”みんなでクランセカーケを作る会”開催の運びとなりました。

 

会場はミュージックギャラリーアリエッタさんのキッチン・ダイニングスペースをお借りいたしました。

参加者は到着順に日本グリーグ協会理事、アロマ教室の先生、北欧料理・菓子研究家、北欧ヴィンテージショップ店主、ノルウェー語講師という錚々たる面々で、企画した私が一番あんた誰? 状態でした・・・

 

早速ノルウェーのレシピを参考に生地を捏ねていきます。

その道のエキスパートの方の手際の良さに思わず見とれてしまいました(スローTVでずっと流してほしい!)

捏ねた生地を細長く伸ばして、型に入れていきます。

1リングずつの型もあるようですが、私の持っているものは3リングで1枚の型のものが6枚あるので合計18リング出来る計算です。

 

生地が焼き上がり、冷めたら型から外し、アイシング作業です。

直径の大きなものからアイシングをしてどんどん重ねていきます。

ケーキ用の回転台などは用意していなかったので、人力でお皿を回し波型がリズミカルに描かれていきます。

初めての共同作業だったはずですが、いい感じで息が合っていました。

どんどん積み上がり・・・

遂に18段のタワーが完成!!

ノルウェー国旗とエディブルフラワーで華やかにデコレーションしました。

(美大卒のセンスが鏤められました)

美しい!! やればできた!!(私はアイシングを練っていただけ)



クランセカーケの作業の合間に直火のワッフルアイロンでノルウェー風ワッフルも焼いていました。

 

クランセカーケ、ワッフルの他に参加者のみなさま持ち寄りのサーモン料理、ビーツのマリネなども加わり、華やかな食卓に!

(画像中央左のサーモンと魚卵のムースはこちらからレシピをDL購入できます)

ノルウェー名物ブラウンチーズも2種食べ比べです。

珈琲もノルウェーのロースターLangøraのコロンビアをご用意。

酸味や苦みが強すぎないので食事やスイーツにも合います。

美味しい食べ物をお供に色々話も弾み、予定時間をすっかりオーバーしてしまいました。

 

シーフード以外影が薄いノルウェーの食文化をみんなで味わうことが出来て楽しかったです。

いままで食べたクランセカーケより美味しいという言葉もいただきました。

そしてみんなで作るのはやっぱり楽しい!!!

これまでちゃんと作ったことが無く恐る恐るの挑戦でしたが皆様のおかげで見事にSNS映えするものが出来上がりました。

 

また何かの機会にみんなで何かを作る会を開催出来たらなと思っています。

| ねんねん | ノルウェー | comments(0) | - | pookmark |
アドベントのいべんと

クリスマスを前にした今の時期、”アドベント”、”待降節”、”降臨節”などと言われる訳ですが、この時期は北欧関連のイベントも多数開催されます。
そんな訳で北欧のクリスマス気分を味わえるワークショップとイベントにいくつか参加して来ました。

まずはいつもお世話になっているFukuyaさんでスウェーデン在住の手芸作家ケイコオルソンさんによるオーナメントボール作りのワークショップです。

スウェーデンで探したヴィンテージクロスを使ったオーナメント作りです。
作業もさることながら、現行品も含め可愛い布の数々にテンションアップ!


1つのオーナメントに2種類の布を2枚ずつ使うのですが、元々のパターンはもちろん、カットによって柄の出方も違うので、選び方、組み合わせで作品の印象が大きく変わってきます。

なるべく普段選ばない柄にしようと思ったのですが、結局はな〜んとなくノルウェーカラーになっていました。
刷り込み怖い…
生来の雑さが滲み出ていますが、先生が丁寧に教えてくださり(実は1個目は先生が見本でほぼ作ってくれたもの)手芸の実力とは一切関わらない素材とデザインの素晴らしさで、可愛く出来上がりました!!

参加者全ての作品を集合させると、もう圧倒的な可愛さ(可愛いしかボキャブラリーが無くて申し訳ない)

北欧の寒くて暗い冬でもこれを見ると元気が出そう!


作品に使えるようなヴィンテージの布を探すのは大変だそうですが、昔の人もこの色や柄で楽しんでいたのかと思いを馳せ、時空を超えるデザインの力を感じました。
オルソンさんがスウェーデンから持参されたおやつタイムもあり、和やかで楽しいワークショップでした。


さてさて翌週も、Fukuyaさんでのワークショップ、アロマすぅさんの北欧のクリスマスの香りがするハンドクリーム作りです。

お菓子作りのような行程(メレンゲ作りやアイシング作業に近い)があって、途中室温が高くてなかなか固まらないというトラブルも発生しましたが、面白かったです。

これから本格的に乾燥する季節、お気に入りの香りのハンドクリームをつけると気分もあがるというものです。
北欧ではお馴染みのカルダモンやサフランの精油もあり、ああ〜っ、おお〜っ(お菓子を連想)と感動しておりました。

最後は先生ご持参のリトアニアチョコレートで歓談タイム。

何だか私がおやつ目当てでワークショップに行っているように見えるでしょうが、あながち間違ってはいないかも?
リトアニアのクラフトチョコレートはなかなか個性的なお味でした。

 

 

さて、アロマ教室の翌日はノルウェー夢ネットさんの”ノルウェーについて学ぶサロン”

年末恒例のワッフルパーティーです。

私はワッフル焼き係としてお手伝いに行ったのですが、初めて使うワッフルミックスとワッフルマシーンに悪戦苦闘。

こんなことなら愛用のワッフルアイロン持ってくるんだった・・・とちょっと後悔。

 

窓の外からムンクさんに見られておりました・・・

ひいいぃぃ・・・


紆余曲折ありましたが、何とか頑張りました。

参加してくださったみなさまありがとうございました。

 

 

そんなこんなのうちにクリスマス、そして大晦日。

今年もあっという間に終わりそうです。

| ねんねん | 北欧 | comments(0) | - | pookmark |
ムンク展 プレミアムナイト

ノルウェーを代表する画家エドヴァルド・ムンク。

「叫び」があまりにも有名ですが、その「叫び」はもちろん日本ではあまり知られていない作品を含む100点以上が来日し、現在東京都美術館で絶賛開催中の”ムンク展”

 

たいてい地味に終わるノルウェー関係のイベントですが、今回は開催側が力を入れているようで色々コラボ企画があったりと頑張っています。

東京での美術展はどこも結構混んでいるので、土日に行くと大混雑になるかなーと思っていたら、「プレミアムナイト」と称した人数日にち限定で夜開催のイベントがあるという情報が。

美術館の学芸員の方による展覧会のミニレクチャーとお土産に図録などもついてくるので、ひととおりのチェックは出来そう・・・と一人で参加することにしました。

 

オスロのムンク美術館にはこれまで5回ほど行っているのですが、そのうち1回は改装中で閉まっていて、1回は入場待ちの列のあまりの長さに入るのを諦め、2年前に行った時は他のアーティストとの企画展でムンク色が薄い感じでした。

20年くらい前に1人で行った時は、館内のどこに行ってもムンクの絵ばかりで、その強い色彩と独特の筆遣い、全体的に漂う不安を掻き立てるイメージにやられたのか観終わった後、気分が悪くなったんですよね。

それで数年後、ムンクにやられたのか単に体調が悪かっただけだったのか確認する意味でもう一度行って、やっぱり気分悪くなったという経験をしています。

 

日本で開催される”ムンク展”でも同じような状態になるのか少し不安を抱えつつ行ったのですが・・・結論としては大丈夫でした。

 

プレミアムナイトは音声ガイドも無料で借りられるので、解説を聞きながらというのもありましたし、ムンクの生涯を追うように整理して展示されているので、不安なムードに押し潰されることなく作風の移り変わりも心境の変化のようなものも感じられました。

 

オスロで最初に見たときは、背景も全く分かっていなかったし、本当に圧倒的にムンク、ムンク、ムンク・・・

(28000点も所蔵されているそうなのでその一部とはいえどもかなりの量でした)

完全にそのエネルギーに打ちのめされたのです。

 

日本ではその中の代表的な作品(ムンクは同じようなモチーフでたくさん描いています)が見られるという貴重な機会です。

 

私は「生命のダンス」が好きかな?(断言できない)

ムンク作品によく出てくる月と海に映る月の光のモチーフに吸い込まれそうです。

 

 

人数限定とはいえレクチャーもあったし、翌日仕事もありあまり遅くまではいられなかったので駆け足での鑑賞になってしまったけれど、もう一度行くつもりなのでその時気になるところはじっくり見直そうと思っています。

 

音声ガイドのさけびクンの声がイケボでドキドキしますよ!!

 

| ねんねん | ノルウェー | comments(0) | - | pookmark |
何度でも北欧

キャライベントやねぎサミットなど秋は忙しい季節ですが、あいまにしっかり北欧関連イベントにも行ってきました!


まずは東京カルチャーカルチャーで開催の”北欧ぷちとりっぷ”

森百合子さんの新刊「3度目の北欧〜スウェーデン西海岸、空とカフェの日々」発売記念イベントです。
今回がぷちとり10回目とのことで、ということはその間に森さんの本も10冊出たってことですよね? 凄いです!

 

イベント恒例北欧風の特別メニュー、今回はこんなラインアップ。

ビーフ・ア・ラ・リンドストロームが気になったけど、サーモンも気になった・・・!

食べたり物販ブースでお買い物したりしているうちあっという間に時間が経ち、森さんといつもお馴染み愉快なメンバーのプレゼンが始まります。

 

まずはノルウェー夢ネットの青木さん。

インドア派で冷え性な青木さんがなんと北ノルウェーのアルタで釣りや山歩き、焚火などのアウトドア体験!

普段のイメージとは違うワイルド青木さんの写真が見られて楽しかった・・・。

やっぱりノルウェーの自然は素晴らしい!!(そこだけって言われがちですが)

 

次は北欧ビンテージ番長こと北欧ビンテージショップFukuyaオーナー三田さんがこの夏スウェーデン、レクサンドの手工芸学校の短期コースに参加した体験を語ってくれました。

ファンタジーでイチから作品を作るのは大変そうですが、3食2フィーカ付きで作品作りに没頭できる、しかも自然に囲まれた環境の中でなんて羨ましすぎ。いつか行きたい(夢ですよ・・・)!!

 

さて、最後は主役の森さんが新刊の紹介も含めてスウェーデン西海岸の魅力を紹介。

スウェーデンの西海岸で行ったことがあるのはマルメだけ。しかも2度行って2度とも道に迷った香ばしい記憶しかないという・・・。

もう少し足を延ばせば他にも魅力的な街がたくさんあるのが分かったので、次回コペンハーゲン経由で行く時は寄ってみたいなあ〜。(ヨーテボリ-オスロ間はバスで3時間30分前後か、ふむふむ)

 

 

恒例の北欧男子コーナーも10回目のぷちとりということで歴代の男子たちや色々起こった衝撃的な事件を振り返っていました。

そういや色々ありましたね、北欧人自由・・・

 

お客さんが「マニアな北欧おすすめスポット」をプレゼンするコーナーもあったのですが、前日忙しすぎて写真が用意できず、参加できなかったのが残念。

せっかくなので一応写真のみ上げておきます。

特別いわれのあるものではないようですが、ベルゲン某所にあるオシャレっぽい恋人たちの(?)ベンチ。

 

大盛り上がりのうちにイベントは終了。

お土産の北欧国旗アイシングクッキー、ノルウェーのをもらったけどもったいなくてまだ食べられていない・・・
iPhoneImage.png

11回目はあるのでしょうか?

3度と言わず何度でも北欧に行きたくなるイベントです。

 

 

ぷちとりの5日後、今度はニット作家しずく堂さんの新刊「しずく堂の大人に似合う手編みこもの」出版記念のトークイベントに行ってきました。

もちろんしずく堂さんは編み物のワークショップをたくさん主催されているですが、なかなか編む方は敷居が高い!(一応編みたい気持ちはある)でもトークイベントなら気軽に参加できそう、と会社帰りに会場のKeitoさんへ。

本の中で紹介されている作品の展示や編み物キットも販売されていて、あーやっぱり素敵! と作りたくなる気持ちをぐっとこらえました。

 

 

今回のトークイベントでもFukuyaの三田さんが登壇。

デンマークでクリスマスを過ごした体験から、北欧のクリスマスの話を。

家で家族と過ごすのが北欧のクリスマスの定番ですね。

でも北欧と言っても各国で少しづつ習慣が違ったりするのが面白いところです。

 

しずく堂さんご本人は北欧(フィンランド、エストニア)のクラフトフェアに行かれたお話。

こういう展示会やイベントって見て回っているだけでも楽しいので、作らないかもしれないけど、行ってみたいなー。

フィンランドとエストニアで全然雰囲気が違うイベントですが、どちらも捨てがたい。

食べ物のブースもあったのに興味が無いので写真もほとんどないのがしずく堂さんらしかったです(笑)。


最後にぷちとりでも紹介がありましたが、お二人が参加されたレクサンド手工芸学校の思い出をトーク。

前は三田さんから見たお話だったのですが、しずく堂さんの目線から見るとまた少し違っていて、作品へのアプローチの仕方も異なっていたのが面白かったです。

編み物は、性質上デザインにも色々制約があってその中で作っているという、そう言われればそうなんですが今まで考えたことが無く、目から鱗でした。

 

 

2つのイベントに参加しての結論、やっぱりスウェーデンはフィーカ、ですね。

 

私も10時と3時のフィーカ、取り入れたい・・・!!(無理だけどー! 涙)

| ねんねん | ノルウェー | comments(0) | - | pookmark |
ねぎといも(全国ねぎサミット2018 in にいがた)

9回目の全国ねぎサミットの会場は新潟市。
酒田や能代と同じく日本海側ですが、政令指定都市ということで駅前もかなり賑わっています。

そんな新潟市の繁華街万代シティで行われた今年の全国ねぎサミット。

ご当地アイドルのNegiccoが応援大使を務めて盛り上げてくれました。

元々地元やわ肌ねぎのPRをするために結成されたユニットということですが、15年も続いているのは本当にすごい!!

ファンの方も多く駆けつけていましたね。

いつものように朝イチで徳田ねぎのブースへ。

今年もねぎっちょ不参加は悲しすぎた・・・

深谷と越谷の埼玉県勢。

他にも埼玉からは毎回ブースがちょっと独特な吉川ねぎ(吉川市)も参加していましたね。

浜松市からは珍しい芽ねぎ系の姫ねぎが初参加。

まだシーズン前で朝来市の岩津ねぎが買えなかったのが悲しかった・・・

 

さて、ねぎサミットの楽しみのひとつがねぎグルメ。

毎年ねぎサミットに参加していると大体その味も分かってくるもの。

 

山形県新庄市のいも煮、秋田県能代市のきりたんぽ鍋、埼玉県深谷市の煮ぼうとう・・・どれも美味しいのはこれまでに実証済み。

でもボリュームがあるからひとつしか無理だなーと思い、悩んだ末に選んだのがきりたんぽ鍋。

去年のねぎサミットの後、大舘のきりたんぽまつりに行ったのに結局きりたんぽ食べなかったリベンジですー!!

(秋田犬もふもふして満足してた・・・)

きりたんぽとだまこと両方入っていてボリュームがありました。地元ならではのせりの根っこも美味しく頂きました。

 

新潟らしい焼油揚げのねぎのせも外せない一品。

揚げもねぎも大好きだから焼きたてをいただきましたー!!

 

他のブースでも各種試食させていただきましたが、時期が早いのかねぎの甘みがまだ少ないように感じました。

今年は猛暑でなかなか寒くならず、その辺の異常気象の影響があるのかもしれません。

本格的なシーズンはこれから! ですね。

 

そしてねぎサミットのもうひとつのお楽しみ、ご当地キャラ大集合

お馴染みのふっかちゃんやねぎ坊やねぎ爺といったねぎキャラ(ねぎっちょ・・・涙)の他に笹だるまやあののん、家康君、万代シティのばんにゃいも駆け付けてくれました!(笹だるまがいい味出してた!)

ミルク082氏もお疲れさまでした。

 

今回のねぎサミットの会場が万代バスターミナルの前ということで、忘れちゃいけないのが「バスターミナルのカレー」ですよ。

その人気からレトルトも出ているほどで(売り切れていて残念)昼前に行ったのですが凄い列でした!

食券を買って列に並ぶこと十数分、立ち食いですので回転が良く思ったより早く食べることが出来ました。

これはミニサイズ。普通でも量が多かったし大盛りは問題外だと思うのでミニでちょうど良かったな。

昔懐かしいいわゆる黄色いカレー。甘みとかコクより辛さが来る、独特の味。コクは無いけど薄いわけでもない。

何度か食べるとその裏側の良さが分かってハマるかも?

 

今回入手したものたちです。

毎回地元の農産物を買うのですが、何故かねぎは少な目で何故か新潟のブランドサツマイモ、しるきーもといもジェンヌの2種を買いました。

しるきーもがシルクスイート系、いもジェンヌが紅はるか系とのことで食べ比べるのが楽しみです。

きのこも見かけると買ってしまう外せないアイテムかも?

都会の新潟市はローカル色が薄く、ちょっと農産物の種類も少な目だったような。

たくさん買っても持って帰るのが大変なんだけど・・・

 

日帰り弾丸新潟旅でしたが、短いなりに満喫しました。

2日間とも寒すぎずよいお天気で終了したようです。

 

 

さて、記念すべきねぎサミット10回目の開催地は千葉県の松戸市とのことです。(なんかそんな気がしてた)

詳細はまだですが、色々事前の心配事が少ないのは有り難い。
松戸市らしいカラーを出してくれることを期待して楽しみに待ちたいと思います!!

| ねんねん | おいしいモノ | comments(0) | - | pookmark |
10月10日

半年ぶりに北陸新幹線に乗って

やってきました、和倉温泉。

年イチでは来るようにしているのですが、去年行けなかった分3月にも遊びに来たので、今年は二度目。

というのも・・・

私の愛する和倉温泉わくたまくんがこの10月10日でちょうど生誕10年目のおめでたい節目。

是非(勝手に)お祝いしたいってことで!!

 

誕生した後、色々な事情で活動できなくなってしまうキャラさんも結構いる中、10年活動を続けているのはファンのみんなやスタッフさんたちに愛されて支えられているからこそ。

貴重だし、素敵です!

観光会館にはいままでの思い出写真やみんなからのお祝いメッセージが展示されています。

保育園の子供たちの描くわくたまくんが可愛すぎた!!

 

 

 

ちょうど台風が日本海を北上している時期でどうなることかと思いましたが、日中は天気も良く、宿からは七尾湾の綺麗な夕焼けが見えました。

刻々と色が移り変わる神秘的な時間をじっくりと堪能。

その後夜中はかなり風雨が強まった時間もありましたが、明け方には収まり穏やかに。

台風一過の朝には虹も姿を見せていました。

 

 

天気も回復したので、和倉の街中をブラブラ。

前回来たときにはまだ無かった能登ミルクさんのスタンドでジェラート。

意外とさっぱりした味でした。

今時のカフェでフリーWifi、充電用のコンセントも多数、外にはハンモック、でも店内に流れているのがちょっと古めの洋楽なのが新鮮な空間です。

 

ルミュゼドゥアッシュで久しぶりにわくたまオレも。

和倉温泉満喫しました。

風景良し、食べ物は美味しい、人は優しい、温泉でゆったり・・・とってもいいところで癒されます。

そしてあちこちにわくたまくんがいる・・・。

また絶対近いうちに来るぞー!!

 

 

和倉温泉−金沢間を結ぶ観光列車《花嫁のれん》で金沢へ移動です。

伝統工芸の輪島塗や加賀友禅のイメージを取り入れた豪華列車です。

七尾線はのどかな田園風景が続くだけで残念ながら特別見るべき景観などが無いのですが、お弁当を食べているとあっという間に金沢に到着しました。

 

 

金沢に宿泊した翌日。

地元のスーパー《どんたく》さんにわくたまくんが登場すると教えてもらったので、急遽金沢から七尾まで猛ダッシュ?で往復してきました!!

七尾駅でレンタサイクルを借りてベイモール店へ。(大きな荷物を預かっていただき大変助かりました)

わくたまくんとどんたくのマスコットキャラクターどん太くんにも会えました!

 

わくたまくんの誕生日10月10日にちなみ、店内で1010円以上お買い物したレシートを見せるとたまごが1パック貰えるというキャンペーン開催されていました。

鍋スープなど普通に主婦っぽい買い物をして私も能登のタマゴをゲットしました!

大事に持ち帰りました。

過密スケジュールのためわくたまくんに会えたのは5分ほどですぐ金沢にとんぼ返り。

でもわくたまくんの地元で会える機会はそうそう無いことなので会えて良かったです。

これからも地元で長く愛されていって欲しいなと思いました。

 

 

10周年おめでとう〜!!!!!!!!!!

 

わくたまくんが大好きだよ〜!!!

 

 

★★★

旅行中バスに乗ろうとして段差から転落し、今も右足が左足の1.2倍くらい腫れ上がっていますが、和倉温泉の効能に打ち身、くじきっていうのもあったのできっと早く治ると信じてる・・・!

| ねんねん | ゆるキャラ | comments(0) | - | pookmark |